静岡県浜松市|DIY、日曜大工の事例をご紹介。アイディア施工のことなら住工房スパイスへ

DIYご紹介

スパイスなご提案のために

SPICEではお客様へ、スパイスの効いたご提案をするために日々の仕事以外で自宅や知人からの依頼でDIYの試行錯誤を繰り返しております。 このページでは、私自身が全てを手掛けたDIY作品を掲載しています。

フレーム作り

きっかけは次男の卒園でした。
それまでの数々の工作や絵画を袋一杯に持ち帰ってきて・・・
親バカのフィルターを通して見ると、そのうち一枚の版画が、構図・デザインとも、なかなか優れていることを発見!(赤い方です。)

これは飾らねば!!

そんなアイデアを妻に伝えると、そそくさと納戸の隅から長男の版画を取り出してきて・・・
まぁ、一つも二つも大して変わらないか。
ということでフレーム作り開始です!

ホワイトアッシュの積層板を加工。
普通のフレームは留め(コーナーを45°で継ぎ合わせる)で作りますが、シンプルな版画に合わせて縦勝ち(縦枠が通って横枠を止める)で作りました。
全て廃材で作っているため、背板はベニヤ。

それに合わせてトリマーで枠を削って、枠同士はビスで固定して木栓で隠します。

ガラスの代わりにアクリル板を取り付け、留め具と紐を取り付けます。
と、ここで問題発生!!

ナント次男の版画が、上下逆だという事実が発覚!
名前から追って判断したものと逆だそうで・・・。
当然幼稚園児に左右反転なんて理解できるはずもなく、でもそっちは修正不可能。
【使用材料】
ホワイトアッシュ積層板
ベニヤ、
留め具ほか
長男のグリーンの作品には、邪魔しないようにホワイトアッシュのそのままのクリアー仕上げ、次男の赤い作品には、フレームが負けないようやや濃い色を付けたくて、ウォールナット色のニス仕上げを選択。

門塀のDIY

新築(H20、3月末完成)したときから何かしらつける予定で、アンカーボルトだけ準備して早2年弱。
当初はウッドデッキのラティス風に、クロスの筋交いを入れたり、木で塀を作ってガラスブロックを埋め込んだりとイメージしていましたが、なんとなくピンと来ず、年月だけが過ぎていました。
その間この段差でつまずく宅配便業者さんや近所の方々・・・。
【使用材料】
超弾性漆喰塗料:ハッピータッチ
アマゾンジャラ
ウエスタンレッドシダー
“いよいよ作らなきゃ”と重い腰を上げた時に出会ったのが、新製品の<超弾性漆喰塗料:ハッピータッチ>と、外部木材の保護にとても強い塗料です。
そして出来上がったものがコレ!
ハッピータッチは珪藻土と違い撥水性があるので、外部に使うのには持ってこいの素材。
アイビーが、素朴さとナチュラルさをうまく調和してくれます。
ご近所の方、両親、友達も、みんな“ステキ!”と言ってくれます。
うれしいのはもちろんですが、これでつまずく人がいなくなるとホッとしています。

(2011.1月完成)

廃材利用のテーブルDIY

友人が経営するバイク屋さん、その名も“バイク屋さん”(浜松市中区和合町:はましん和合支店向い)で、ひょんなことからテーブルを作ることを約束してしまい・・・。
大将の高島くんはとても気を使う人なので、お金をかけることを避けようということで、テーマは“廃材利用”に決まり!
【使用材料】
破風板(杉)
間柱や筋交い
天板は現場で出た破風板(杉)を選択。脚は間柱や筋交いのあまり。
杉の天板の好みは分かれるところですが、大将は気に入ってくれたかんじ。
サンドペーパーで塗装を削ったり、わざと傷つけたりして、カントリー調でビンテージ風な机ができました。
この机、すでにバイク屋さんに展示?してありますので、いつでもご覧いただけます。

(2011.2月完成)
お問い合わせはこちらまで!!
TEL:053-439-7770
FAX:053-439-7779
mail:info@spice88.com